0歳の英語教育 DWE(ディズニー英語システム)中古にした理由5つ

※アフィリエイト広告を利用しています

この記事では

・DWEの自分が思うメリットデメリット

・DWEを正規ではなく中古にした理由

・0歳の英語教育をするにあたり購入したDWE教材と値段

について紹介していきます。

目次

DWE(ディズニー英語システム)

子供がいるご家庭では一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

販売から40年以上100万人以上のユーザーを獲得し続けてきた幼児英語教育の代表とも言えますね。

メリットデメリット
〇日本語を覚えるように母国語式で英語が学べる
〇アウトプットの手段が豊富にある
〇サポートが充実
〇高校生が習う文法まで学ぶことができる
×教材費が高額(フルセット約100万ほど)
×高い教材を購入後も毎月会費がかかる
×0~12歳まで飽きずに使えるかわからない
×ディズニー英語だけでは語彙数が不十分

DWEの特徴などは、他のブログでも詳しく書かれているものが多いのでそちらを参照ください。

【結論】我が家では中古で活用していくことにしました。

どこにお金をかけて、どこにかけるお金を減らすかは家計管理においてでも大事なことですよね。

DWEを中古に選んだ理由5つ

DWEのサンプルやユーチューブを見たり、無料体験も実施しました。

教材自体は素晴らしく、30歳過ぎた大人でも文法が身につく歌がすっと頭に入って歌えてしまうのです。

それでも、つばめ家がDWEを中古に選んだ理由は・・

①CAPに挑戦するためには最低70万円以上のパッケージが必要

②教材費以外にも毎月3740円の会費がかかる

③アウトプットの機会の一つであるイベントに参加する際は別途お金がかかる

④子供がまだ0歳で、高い教材を飽きずに使ってくれるかわからない

⑤教材の内容は新旧ほとんど変わらない

要はほとんどがお金のことですね(笑)

1つずつ順番に解説していこうと思います。

①CAPに挑戦するためには最低70万円以上のパッケージが必要

CAPという、子供が楽しく教材を使い続けるための段階的な課題プログラムがあります。

CAPとは

DWEのそれぞれのカラーの教材を使用し、ライトブルー→ブルー→グリーン→ライム→卒業という流れで、それぞれに英語で喋ったり歌ったりした声を録音して提出すると、各レベルの色のキャップやごほうびシールがもらえる仕組みのことを指します。

子供に小さな課題を与えながら、少しずつクリアし達成感を感じてもらう。素晴らしいプログラムだと思います。

しかし、DWE卒業を目指すには70万円以上のミッキーパッケージが必要になるのです。(少しずつ買い足すことも可能ですが、割高になります)

70万円もあれば軽自動車が買えます。個々の価値観にもよりますが、庶民のつばめ家にとって絶対成果が出るかもわからない英語教材にその金額はちょっと高いなと思いました。

②教材費以外にも毎月会費がかかる

高い教材費を出して晴れてDWE会員になったと思ったらそれで終わりではありません。

毎月3740円もの会費がかかるのです。

確かに一般的な英語教室に比べれば安いですし、アウトプットを促すイベントやテレホンイングリッシュ、教材破損時の無料交換、相談窓口があるなどサポートは充実していると思います。

・イベント:無料体験の時に話を聞きましたが、イベント開催回数は多いですが、予約の競争が激しくなかなか取れないようです。(自分が住んでいる地域のイベントすべてに参加できるかと言われると厳しそうですね。必然的に参加回数も年数回程度となるのではないでしょうか)

・テレフォンイングリッシュ:毎週1回ネイティブの先生と電話で話が出来るものなのですが、1回5分程度のようです。4000円近く出せば週1回30分程度のオンライン英会話を受けられます。

・教材破損時の無料交換:送料は自己負担のよう。毎月は活用せずまとめて出すだろうし、壊しがちな幼児期を越えたらあまり出番はないのではないかと。保険料としては高いかなと思いました。

DWE会員になることで、様々なサービスを受けられる権利を得られます。しかし、毎月4000円近くの会費分を回収できるほど会員サービスを活用できるのか?と言われると・・・私はう~ん?となってしまいました。

③アウトプットの機会の一つであるイベントに参加する際は別途お金がかかる

会員サービスの一つにアウトプットのためのイベントがあります。

ネイティブな外国人と触れ合う機会があまりない環境で、教材と連動したイベントと生身のネイティブ英語を聞けることはDWE最大のポイントなのではないかと思います。子供が言語習得するためには、喋る環境が必要ともいいますしね。

会員だから無料で参加できるわけではありません。都度イベントごとにお金がかかるようです。

子供(1歳以上):1人目1060円(2人目以降半額)

大人:1人目1600円(2人目半額)

えー!会費も払っているのに、イベント参加でもお金かかるの?

と思ってしましました。(ただのケチですね笑)

④子供がまだ0歳で、高い教材を飽きずに使ってくれるかわからない

私が育休中、DWEのブログを片っ端から漁って情報収集していました。

中には英検〇級など素晴らしい成績を残している方もいらっしゃいました。

その一方で、DWE初めて数年もしくは1年も経たずにブログやインスタの投稿が途絶えているアカウントもかなり多かった印象です。こういうアカウントってそっといなくなるので、私が見つけた以上にあるのではないかと思います・・

ただ単に発信が面倒だったり、時間がなかったりと言う可能性もありますが、メルカリやラクマなどの中古教材の出品の多さを見ると挫折組も相当数いるんじゃないかと思います。

0歳でまだ子供の性格や嗜好など分からない段階で、12歳まで使える高額な教材を買うのはかなりギャンブルだと感じてしまいました。

⑤教材の内容は新旧ほとんど変わらない

DWEは長い歴史の中で何度かリニューアルしています。中古幼児教材のリサイクルショップ ママのガレージセールさんのサイトに詳しく分かりやすく説明がされていますので参照ください。(中古を購入するにあたりとても参考にさせていただきました。)

旧子役の場合、やや古臭さを感じますが(フルハウスのような服装だったり)、歌の内容やリズムなどはほとんど一緒です。まだ小さい子供は古臭さをあまり感じていないのか、特に抵抗感なく見てくれます。

シングアロングのCDは最新版の方が、旧盤よりも英語の音はっきりしており聞き取りやすいなという印象でした。(旧盤は、5歳くらいの舌っ足らずな子供が歌っているような感じでやや聞き取りにくいです。)

映像もきれいになっていたりと、良い方向に毎度リニューアルされているのですが、根本の英語を学習するにあたっての音楽や本の内容などの大枠はずーっと変わりません。

つまり、正規購入するメリットは会員サービスを受けられることにあるのではないかと思いました。

会員サービスに割高感を感じたり、会員サービスを活用する気がないのであれば、教材も中古でよいのでは?と判断しました。

0歳の英語教育をするにあたり購入した中古DWE教材

上記の理由から、つばめ家は0歳の英語教育としてDWEは中古で取り入れることにしました。

実際に購入した教材と値段を紹介していこうと思います。

プレイアロングDVD・CD

・0~3歳を対象とした教材

・おもちゃを使ったり、親と一緒に触れ合いながら英語が学べる

・DVD1本30分程度で、長時間のテレビ視聴を避けることができる

・つばめ家にあるもの:旧子役VerのDVD①②③(字幕あり)、CD②③

・つばめ家にないもの:リリック本(解説書)、CD①、おもちゃ一式

・金額:フリマサイトで購入し4400円

【結論】買ってよかった!

子供もよく見てくれていますし、大人と一緒に歌って遊べる内容になっているので、大人も子供と一緒に楽しく英語を学べます。

おもちゃは0歳のうちはよく舐めますし、中古には少し抵抗があり購入していませんでした。まだ見た内容を物を使いながらやってみるような年齢ではないため、もう少し大きくなり子供が興味ありそうなら購入も検討していこうかと思っています。(100均や自宅にあるおもちゃでも代用できそうなものばかりですが・・・)

・0~3歳までのお子さんで、DWEいきなり正規購入に踏み切れないという方は、お試しで購入するのはあり

・数千円で購入でき、合わない時も大体同じくらいで売れるので金銭的に低リスク

シングアロングCD・DVD・絵本

・対象年齢は2歳~

・英語の歌で文法や単語の意味を学べる

・つばめ家にあるもの:朝や寝る前に聞く音楽を集めたCD(現在廃盤)も入ったシングアロングCD、DVD4枚、絵本

・つばめ家にないもの:ポスター、キャラクター絵本

・金額:フリマサイトで購入しDVD+CD9800円(CDは取り込み後5200円で売却)+ソングガイド絵本3000円=7600円

【結論】多分買ってよかった!

CDは一枚約90分前後と長いためかけ流しがとても楽です。歌もとても覚えやすく、大人も毎日のように口ずさんでいます。笑

「clap」の音が聞こえてきたら手を叩いたり、遊びながらもCDをかけ流す事は意外と耳に残んじゃないかと感じことが何度かありました。

DVDは1本の収録時間はプレイアロングと比べると長く、テレビ視聴時間を増やしたくなかったこともありまだDVDは活用できていません。

CDは毎日90分程度はかけ流ししています。

CDの内容はストレートプレイやメインプログラム、トークアロングなどすべてと繋がっており、「聞いたことがある!」と連動性を感じることができます。(DWEの素晴らしい点ですよね!)

・良質な英語音源を聞き流しすることができる

・収録時間が90分と長くかけ流しが楽

・DWEを継続できそうな場合、連動性のある教材のため次のステップに繋げられることができる

まとめ

DWEを中古で購入する最大のメリットは手の届く金額で教材を試せるというところです。(合わなくなった時もあまり値崩れせずに売却することも可能です)

DWE正規購入にはもちろんメリットはあります。メリットに魅力を感じ、子供も親も継続していく意思があり、お金に余裕があるのであれば正規購入は大賛成です。

ただ、子供の好みも分からない0~1歳で100万円はリスクかな・・と私は思ってしまったので、正規購入を検討している方も、中古で大人も子供も続けられるか試してみてから正規購入でも遅くはないのかな?と思いました。

0歳の英語教材として、つばめ家ではベネッセのワールドワイドキッズ(WWK)も採用しています。

詳しくははこちらの記事を参照ください。

0~1歳のお子さんをお持ちでDWEを中古か正規か悩んでいるパパママの参考になればうれしいです。

記事が参考になったらポチっとしてもらえると嬉しいです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次